相続における後見人とは?選任方法と相続に関与する際の注意点 | 大阪の相続なら大阪の円満相続サポートセンターにお任せください。

60分無料の無料相談会も実施中!

06-6365-1065

(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ24時間受付中

相続における後見人とは?選任方法と相続に関与する際の注意点

もともと被相続人(亡くなった方)は高齢の場合が多いでしょう。 そのため、被相続人が認知症であったり相続人の中にも意思能力が不足している方がいる場合が少なくありません。 こうした方に対しては後見人を選任するのが原則です。 ここでは、...

もともと被相続人(亡くなった方)は高齢の場合が多いでしょう。 そのため、被相続人が認知症であったり...

相続人や被相続人が認知症の場合の遺産相続方法について解説

厚生労働省よると、2025年には認知症の人が700万人に達するという試算が出ているように、これからは認知症の人が当たり前に身近にいる世の中になっていくと考えられています。 これは相続についても同じで、これからは相続人や被相続人が認知症...

厚生労働省よると、2025年には認知症の人が700万人に達するという試算が出ているように、これからは...

成年後見制度の種類とは?後見と保佐と補助の違いについて解説!

判断能力が低下した場合には、成年後見制度を利用すると良い、ということが知られています。しかし、成年後見制度には、いくつかの種類があり、それぞれの場面で使い分ける必要があります。 今回は、成年後見制度の種類とそれぞれの違いについて解説します...

判断能力が低下した場合には、成年後見制度を利用すると良い、ということが知られています。しかし、成年後...

成年後見制度とは?利用すべき場合と概要を解説

認知症などにかかって判断能力が低下すると、自分では適切に財産管理をすることが難しくなるケースがあります。 このような場合には、成年後見制度を利用して適切な人に財産管理をしてもらう方法がおすすめです。 今回は、成年後見制度について解説しま...

認知症などにかかって判断能力が低下すると、自分では適切に財産管理をすることが難しくなるケースがありま...