「遺留分侵害額請求権」を分かりやすく説明!対象者の条件・請求時の流れとは? | 大阪の相続なら大阪の円満相続サポートセンターにお任せください。

60分無料の無料相談会も実施中!

06-6365-1065

(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ24時間受付中

「遺留分侵害額請求権」を分かりやすく説明!対象者の条件・請求時の流れとは?

例えば両親が離婚をし、新たなパートナーと再婚したとします。 そして自分の親が「遺産はすべて妻(もしくは夫)に相続する」と遺言を残し、亡くなったらどう思うでしょうか? 自分は実の子供なのに、相続されるものが全く無いなんて、良い気分がする人...

例えば両親が離婚をし、新たなパートナーと再婚したとします。 そして自分の親が「遺産はすべて妻(もし...

遺留分の時効はいつまで?消滅時効と除斥期間について詳しく解説

親や親族が亡くなった。 人が亡くなるという事だけでも気が動転してしまいますが、その後に必ず出てくるのが遺産相続の問題です。 ましてや遺言書が見つかって、相続手続きがあれよあれよという間に進んでしまった、なんてこともよく聞きます。 ...

親や親族が亡くなった。 人が亡くなるという事だけでも気が動転してしまいますが、その後に必ず出てくる...

遺留分は放棄できる?手続き方法と注意点について詳しく解説

兄弟姉妹以外の相続人には、最低限相続できる財産が保証されています。 これを「遺留分」といい、遺言書の作成や遺産分割においては十分に配慮する必要があります。 例えば、長男に家業を継がせるため、「全財産を長男に相続させる」旨の遺言書を作...

兄弟姉妹以外の相続人には、最低限相続できる財産が保証されています。 これを「遺留分」といい、遺言書...

遺留分とは?遺留分が認められるケースと計算方法を解説

相続が起こったとき、自分が法定相続人になっていても、遺言書によって他の人に遺産がすべて遺贈される場合などには、自分はまったく遺産を受け取れないことがあります。 また、一切受け取れないわけではなくても、本来の法定相続分よりもかなり少ない...

相続が起こったとき、自分が法定相続人になっていても、遺言書によって他の人に遺産がすべて遺贈される場合...

遺留分の請求方法と争いになった場合の解決方法を解説

自分が法定相続人になっていても、遺言書が残されていて、他の人に遺産が渡ってしまう場合、自分は一切遺産を取得出来ないことがあります。 このような場合、一定の法定相続人には遺留分が認められますが、遺留分を請求する場合、具体的にどのような手...

自分が法定相続人になっていても、遺言書が残されていて、他の人に遺産が渡ってしまう場合、自分は一切遺産...